2005-03-12

FF02:08 酒倉の万能棒使い

今度は普通の通路のようだ。ひとまず安心する。
しばらく行くと<酒倉>と書かれている木彫の扉が見えてきた。

把手をまわし中の様子を探る。
酒倉というかワインセラーだ。一面ビンが棚に並べられている。
扉には来客を知らせる鈴がついており
棚の間を片足をひきずりながら黒エルフが近づいてくる。

「お客様でいらっしゃいますか」
「ああ、秘蔵のぶどう酒をぜひ試飲させてもらおうと訪ねてきた」
調子をあわせておく。
「それはお目が高い。こちらではわたくしがご主人様のために年代物の
ワインを管理させていただいております。
中には魔力を持つものもございます。ぜひご試飲ください」

「せっかくだから、俺はこの赤いワインを…」
「赤でございますか」
「いやいや、たまには別のものを選ぶとするか。
ロゼをいただくとしよう」
「こちらですね」

匂いを確かめ、注がれたワインを舌で転がすように味わう。
「悪くないな」
さらに一口飲む。
「ありがとうございます。ところで、本当にお客様なんですよね」
黒エルフは意味ありげに笑う。

やはり、こいつまだ疑っていたか。
『無論だ』
そう答えたつもりだったが、口ではこのように答えてしまう。
「バルサス・ダイアの侵略の野望を打ち砕くためにきたのだ」

自白剤入りワインだったのか。あわてて口を塞ごうとするが時既に遅し。
任務を知られてしまった以上、眼前の黒エルフを倒さなければならない。

剣を抜くと、黒エルフも腰から小さな金属の棒を取り出す。
簡単な操作を加えるとノコギリ状の武器に変化する。
持っているのはどうやら携帯用万能棒のようだ。
ありていに言うと十徳ナイフの親分みたいなものだ。

なんかサイコロ運がいまいち。
また傷つけられてしまった。

金貨8枚と、戦いの最中に壊れてしまったらしい携帯用万能棒をいただく。
携帯用万能棒は原文だとPocket Myriad。
これ適当な単語に訳すのは大変だったろうな。

先に進むことにする。
倉の奥の扉から先に進むと十字路に出る。
北へ行く道を選び先に進むと木の扉に突き当たる。
中の様子を伺うが人の気配はない。
扉を開けてみる。
中は明かりがついておらず唯一の明かりは手持ちのそれだけだ。

部屋の中にあるものは以下の通り。
テーブルと椅子を思わせる岩
木箱が三つ乗っかっている岩の山
扉のそばの石で出来た妖怪

箱を調べてみようと動くと妖怪は動き出す。
どうやらこの木箱の番人なようだ。
動きが遅いので箱を調べる余裕はありそうだ。

石の妖怪 ゴーレムがたどり着く前に
箱を調べてみるがいずれも施錠されている。
さすがにカギを開けているまでは待ってくれそうにない。

敵は矢鱈に頑丈だ。ダメージが少ない。
魔法剣を手に入れていなければ大いに苦戦しただろう。
ゴーレムはこなごなに砕け散る。
「やっとeの字が消えやがったか。この土人形め」

戦闘後、また傷ついてしまったので
<体力増強>を唱え、<魔法薬>を飲み込む。
これで体力点は16に戻る。

最初の箱って言われても順番なんか
あの絵を見る限り判らないわけだが
とまれ、一番目をなんとかこじ開けてみる。
銀のカギが入っている。
二つ目にその銀のカギを試すと別の緑のカギが現れる。
三つ目の箱もその緑のカギで開く。
同じところ置いておいたら全然意味ないじゃん。

今度はカギじゃなく、クモが入ったビンが中にあった。
このクモは顔が人間の老人でとても不気味だ。
何か話しかけてくるようだが理解できない。
入るために使った扉で動く物音がするので
ビンを荷物にしまいこみ、急ぎ退散することにする。

東に向かう通路は上り階段に通じていた。
これでどうやら地下から脱出できたようだ。
階段の向こうの通路は明るく大きな部屋へと向かっている。
posted by うにーく at 22:24 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | バルサスの要塞 リプレイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2384387
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。