2005-05-30

Sorcery!4:054 火炎大蛇の言葉を思い出せ

ちょっと待てよ。
厨房といえば食い物。
実際なにか漁る気満々だった。

しかーし、ここで大蛇情報を再度チェック。
火炎大蛇が食べ物について述べてるではないか。
『アナランドびとよ、これだけ教えてやる。
この先スログなる女に出会うても、
出される食物は口にしてはならぬ。』

厨房にいるのはこのスログに違いない。完璧な推察。

食い物が出されるシチュエーションはそうそうないだろう。
ヴァリーニャのところで既に一服盛られてるがな。げふげふ。

注意事項を肝に命じたところで部屋に入る。

下人(ミニオン/MINION)と呼ばれる生物たちが、
きいきい鳴きながら衛兵の食事の支度をしている。

イメージとしてはミスター味っ子のコオロギだろうか。

調理場にはうまそうな匂いがつきものだが、ここは違う。
今日の献立は豚のあらと蜥蜴の臓物だからだ。

……おかげで食欲なくなったよ。

ホブゴブリンもどきがこの厨房を仕切って
下人どもに発破を掛けている。

時間についての説明はないけど中庭に入ったのが早朝だから
昼飯時くらいだろうか。
とにかく準備におおわらわで
こちらのことを気にかける様子はない。

気付かないように通り過ぎることもできそうだが
多分接触はしないといけないんだろう。

声をかけることにする。
posted by うにーく at 22:20 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ソーサリー諸王の冠 リプレイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。