2005-05-31

Sorcery!4:057 商人ナイロックと奥の院

扉を抜けるとアーチ天井を持つ回廊に出る。
ここにも中庭がありそこを一周している。

対面の壁に中庭から母屋に戻る通路が伸びている。
その通路の両側には扉あり。
突き当りにも扉。

奥から見て右側(つまり左側だな)の扉にはこのような看板がかかっている。
『ナイロック−−商人−−営業中』
一方、その向かいの扉には以下のように書かれている。
『奥の院』

どうも創土社版だと右側に二つ扉が並んでるような説明に
なっているんだが前後の描写と繋がらない。
通路の両側に扉あるんじゃなかったのかw

ちょっと原文がひねった書き方してるからミスリードしたんだな。
Towards the end of the passage, on the right-hand side, a signswings in the gentle breeze.

創元推理文庫版は意訳して左側としてあるのでわかりやすい。


でも偉そうに言ったがてるがだんだん自信なくなってきたな。
towardは向かってとかの〜の辺りだし間違って無さそうか。うーむ。

閑話休題

商人に奥の院か。
どっちも魅力的な言葉だね。涎出ちゃうよ。

先にナイロックとやらを訪ねることにしよう。
ユダヤ系ですかね。


posted by うにーく at 01:03 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ソーサリー諸王の冠 リプレイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。