2005-06-07

Sorcery!4:103 時が見える

ある場所を強固にイメージしながらZED(体力点: -7)の詠唱を開始する。

ジャンの悲鳴が聞こえる。
魔法のもつ強大な力そのものが身を纏う防壁を破り、
この小さな生き物に苦痛を与えている。

やがてこときれるのをなす術なく見守る。

術の本格的な発動はそれからだった。

部屋が回転しだす。
あらゆるものが後ろ向きに猛スピードで通り過ぎていく。
時を遡っているのだ。

イメージの地点に到達すると、術は効果を失う。

もはやここは最前の牢屋の塔ではなく、
最後のスローベンドアを抜けた地点の螺旋階段上だ。

再び、目の前の扉を開ける。
posted by うにーく at 20:40 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ソーサリー諸王の冠 リプレイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。