2005-06-09

GOOD-BYE,HOLLYWOOD:004 絶滅危惧種 電話ボックス

しかし歩くといっても一番近い町でさえ、
50マイルはあるのではなかろうか。
生きてたどり着けるのだろうか。

しかし、往来は少ないとはいえ、ここも道なのだ。
途中でヒッチハイクできることもありうる。

「おいルパン」
次元が何か思い出したらしい。
「ここへ来る途中、電話ボックスがあったぞ!!」

「そう、7マイルばかり戻ったところだ」

7マイルか。二時間ばかりで到着できるだろう。

ただ、電話をかけてから迎えが来るのに何時間掛かるか。
その前にこんな寂れた道の電話ボックスが生きていない公算も高い。

次元は、すっかり電話ボックスに戻る気になっているが
ここは街まで歩くことにする。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4242441
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。