2005-06-18

GOOD-BYE,HOLLYWOOD:077 最高傑作

カールゼンの部屋を開けると、ちょっとした合わせ鏡だった。
さすがのカールゼンも少し驚いたようだ。

しかし、ルパン帝国に籍を置いていただけあって
すぐに正体を看破する。
「ルパンか……」

「趣味の悪い変装は、親父譲りというわけか」
「わかっているんなら、しかたがねぇ……」
マスクを破り捨てるルパン。

「だが、これならどうかな?」
「ルパン二世……」
「この顔が、まともに見れるかな?」
カールゼンは裏切った当人を目の当たりにし動揺する。

マスクの下にマスク。ラストを飾るにふさわしいちょっとした演出だ。
元が親子だけにこの変装はルパンの最高傑作といえるほど完璧なものだった。
フィルムの映像も大いに参考にしてある。

「さあ、カールゼン。悔い改めな」
ワルサーを突きつけるルパン。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4431633
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。