2005-06-18

902-1 BTTF:007 動物実験成功

リモコンでデロリアンを操作するドク。
デロリアンを駐車場の端に停めると、カメラを向いて説明を続ける。

「わたしの計算が正しければ、
デロリアンが時速140キロになった瞬間にある現象が起こります。
とにかく実験をご覧ください」
リモコンでデロリアンのアクセルを吹かし、回転数を充分にあげてからスタートさせる。

「80……100……120……」
リモコンについているスピード計を読み上げていくドク。
まっすぐ向かってくるデロリアン。
逃げようとするマーティ。だが、ドクに引きとめられる。

二人にぶつかろうかと言うその瞬間。
デロリアンは光に包まれ、ものすごい衝撃音を伴いながら消滅した。

『OUT OF TIME』と書かれたナンバープレートと
タイヤ幅の炎の帯が残されている。

「な、なにが起こったんですか?
アインシュタインはだいじょうぶなんですか?」
「ビデオをちゃんと撮ってくれなくては困るよ」
注意を促すドク。

「わたしは犬を未来に送りました。
正確には一分後の未来に送ったのです。
一分後にタイム・マシーンである車と犬はここにあらわれるはずです」

時計を見ながら秒読みを始めるドク。
ここにいてはまずいと気がついたのかあわててマーティと共にその場を離れる。

その時、デロリアンが再び現れる。
消えたときと同じスピードでさきほどまで二人がいた場所を通り過ぎていく。

ドクはリモコンを操作しデロリアンを停止させる。

デロリアンに近づき、ドアを開けるとアインシュタインは乗せられたときと
同じ格好でそこにいた。

ドクはアインシュタインの時計と自分の持っている時計を
再びカメラに向けて並べる。

「どうです。二つの時計を比べてください。
ちょうど一分違っています。
犬の時計のほうが一分遅れているのです。
犬もこの通り元気です。
タイム・マシーンの実験は無事に成功しました」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。