2005-06-20

902-1 BTTF:012 どこまでも最低な父の身代わり

尾行だ。
しばらく行くと木の下に父の自転車が停めてある。

周りを捜すと木の上に父親がいた。
双眼鏡を使って何かを見ている。

視線の先を辿ってみると家の窓が開いていたる。
女性の下着姿だ。

出歯亀か。どこまで最低なんだ。

父は興奮したのか木からずり落ちる。
と、その時車がやって来る。

このまま轢かれたら自分の存在がヤバイ。
マーティは父を助けるべく飛び出す。

ST4発生。
ダイス 3

でもこのSTは成功しても失敗しても
結局同じような内容で同じパラグラフに行き着くな。


父を突き飛ばすことには成功するが自分が轢かれてしまう。
父はここでも逃亡。
こらこら。警察か救急車くらい呼べって。人として。

ブレーキの音で気づいたのか前の家から女性が駆け寄ってくる。
こういうシチュエーションの話を聞いたことがあるなと
思いつつ気絶するマーティ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4489157
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。