2005-06-21

902-1 BTTF:016 雷の力を使え

この時代に来た経緯を説明するマーティ。
ドクが死んでしまった部分は今は説明しないほうがいいだろうと省く。
「というわけでリビア人から逃げているうちにこの時代に来てしまったんだ」

「そのタイム・マシーンを拝見してみたいものだ」
「わかったよ。じゃデロリアンを取ってくる。
ちょっと遠いところに隠したから時間はかかるよ」
「うむ、楽しみに待っていよう」

山まで5マイル再び歩くマーティ。
念のため人気のないところに隠したのが裏目に出た。
車を隠した洞穴が見つからない。ピンチ。

ST4発生。
ダイス 3 成功。

やっと見つける。
この時代ではとても目立つ車なので夜まで待ってドクの家へと移動開始する。


デロリアンと実験の時に撮影したビデオをドクに見せる。

ドクはビデオを見ているうちに叫びだす。
「1.21ギガワット!
こんな電力はとても用意できん!」

ちょっとピンと来ないので稼動している原子炉と比較してみよう。
121万[kW]=1.21*10^9[W]

この辺りを見ると原子力発電の商用で稼動している
プラント1基分の出力は行っているということか。
http://www.fepc.or.jp/shikihou/shikihou22/p4.html

そんなものを積んでいるデロリアン恐るべし。
事故ったらこの町吹っ飛ぶんじゃないのか。
どうやって冷却してるんだろうか。
映画を見る限りアインシュタインのタイムトラベル後は逆に凍ってたよな。

で、ここを見ると原子力発電自体は1951年に実現済みらしいね。
商用として電力供給されてたかどうかはここじゃ不明だけど。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB


「雷のエネルギーが使えればいいのだが、
落ちる場所がわからん以上どうしようもない」

雷って原子炉に匹敵するほどのエネルギー持ってるんでしたっけ?

雷の大きさを数字で見る
◎ エネルギー:10〜500キロワット時(落雷1回だけで家庭で使用する電力の2〜100日分)
http://www.acelion.co.jp/kaminari/mio/miomamoru.html

なんか桁違いに少ないです。本当に帰れるんでしょうか。
データの見方とか適当なんで間違ってるかもしれないです。


雷で時計台を思い出すマーティ。
次の土曜日に落雷するはず。
時間もポケットに入っているパンフレットでばっちりわかる。
25セント出した元は充分取ったな、ほくそえむマーティ。

早速、ドクにパンフレットを見せる。
「なるほど。これは使える。
時間と場所さえわかっていれば」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。