2005-06-26

902-1 BTTF:020 前途多難な二人の恋路

でもそんなことより二人を恋仲にしないと。
「そんなことより、あっちでロレインたちと一緒に食事しないか?」
父の腕を引っ張って半ば強引に母がいるテーブルに連れてくる。

しかし父は何も話しかけられずにいる。
覗きをするくらいだし、後々結婚するくらいなのだから
父も彼女に興味は持っているのだろうが、
この調子では先が思いやられる。

一方、母はというと父のことよりマーティに話しかけるばかりで、
父のことは眼中にない。

なんとかしないとと思っているうちにビフが登場する。
「これはこれは、いったいなんの話をしているのかな?」

母のテーブルにかがみこむビフ。
嫌がる母を見て、ついビフの胸ぐらをつかんで引き離す。

またもや邪魔されたビフはマーティに殴りかかってくる。

しかしそこにタイミング良く先生が通りかかると
陳腐な捨て台詞を残して去っていくビフ。
「覚えてやがれ」

こうしてまたマーティの株が上がってしまった。
大丈夫なのか?
運勢値+1で9になる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。